/

この記事は会員限定です

株主提案「まず買い」に異変 短期還元より中長期戦略

証券部 秦野貫

[有料会員限定]

投資ファンドが自社株買いなど短期的な株主還元を求めるケースが多い「株主提案銘柄」に、投資家はまず買いで反応するという定石に異変が生じている。新型コロナウイルスと向き合う社会に向かうなか、投資家の視線は株主還元から社会に必要とされる事業を持続して磨き上げる中長期戦略がどうあるべきかという点にシフトしている。

3日続伸となった27日の東京株式市場。前日の取引終了後に株主還元強化の提案を受けたと明らかに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1134文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン