奈良県、プレハブ型の発熱外来クリニック開設

2020/5/27 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

奈良県は27日、新型コロナウイルス感染の疑いがある人を対象にした「発熱外来クリニック」を県西和医療センター(三郷町)に開設した。鉄骨平屋建てのプレハブで、大和ハウス工業グループの大和リースが建設した。受診ができるのは帰国者・接触者相談センターや保健所から予約した人のみだが、1日20人程度を受け入れることができる。初日は5人が受診した。

建築面積は284平方メートルで、診療室4室とレントゲン撮影が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]