新型コロナでアジアのカジノが苦境 来年は急回復の見方も
Nikkei Asian Reviewから

2020/5/27 18:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マニラ=クリフ・ベンゾン】新型コロナウイルスの感染が世界的に広がり、アジア各国のカジノが苦境に立たされている。休業や観光客の減少により、業績が悪化している。パンデミック(世界的な大流行)の収束で2021年は回復するとの見方もあるが、流行の第2波も懸念され、客足を取り戻すには時間がかかりそうだ。

マニラではカジノを含む統合型リゾート(IR)が閉鎖された。ニノイ・アキノ国際空港の近くにある「シティ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]