/

AHEAD、輸入水素による発電開始

千代田化工建設など4社でつくる「次世代水素エネルギーチェーン技術研究組合(AHEAD)」は、川崎市臨海部の東亜石油内に設けた専用プラントで輸入水素を活用した発電を始めた。

ブルネイで調達した水素を現地でトルエンと化学反応させ、「メチルシクロヘキサン」という常温・常圧でも安定した状態の液体に変換。川崎港までコンテナ船で運び、プラントで再び水素を分離して供給するシステムを構築した。最大で年間210トンの水素を供給する。

二酸化炭素(CO2)の排出削減につながる水素の安定輸送のノウハウを蓄積するのが狙いで、海外から輸入した水素による発電は世界初の取り組みという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン