/

この記事は会員限定です

サイバー攻撃情報、官民で共有 国産技術の開発後押し

[有料会員限定]

総務省はサイバー攻撃情報を官民で共有する連携基盤を2021年度に立ち上げる。対策ソフトは海外企業のシェアが高い。国内の被害データの収集も海外頼みになり、国産技術が生まれにくい。データベースを開放して製品開発や人材育成につなげる。テレワークの急速な拡大を踏まえ、政府や企業の被害抑止にも生かす。

28日に公表する総合対策案に盛り込む。連携基盤は国立研究開発法人の情報通信研究機構(NICT)に置く。施...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り430文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン