正規と非正規の待遇差、新型コロナで顕在化
「同一労働同一賃金」に逆行も

法務インサイド
2020/5/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業が新型コロナウイルスに対応した働き方を模索するなか、4月から適用が始まった正規と非正規の労働者の待遇差を解消する「同一労働同一賃金」に抵触しかねない例が相次いでいる。非正規にのみにテレワークや時差通勤を認めない例もある。企業への罰則はないが、従業員から訴えられる可能性もある。

「派遣はテレワークはNGなので、シフトで出社するか、自己都合で休んでほしい」。東京都内の不動産管理会社で派遣社員とし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]