シニア向けスクワット 「量より質」なら3分で効く
谷本道哉さん(近畿大学准教授)

人生100年の羅針盤
2020/5/28 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

筋肉の衰えが気になり始めるシニア期。こんなはずではないとネガティブに捉えることはない。量より質の筋トレで元気の源がチャージされる。響く筋トレ指導で実績のある近畿大学の谷本道哉准教授がポイントを解説する。

最初に取り組みたい筋トレはスクワット。床やイスから立ち上がるという運動は、くらしの基本動作と重なります。使う筋肉は、腿(もも)とお尻。60歳くらいから猛烈に落ち始めるのも、ここの筋肉からです。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]