/

2年ぶりに排便確認 鳥羽のダイオウグソクムシ

三重県鳥羽市の鳥羽水族館は27日までに、飼育している深海生物ダイオウグソクムシの排便を2年ぶりに確認したと明らかにした。ダイオウグソクムシはダンゴムシの仲間としては世界最大。消化に時間がかかるため、めったに餌を食べず、排便のペースも遅いとされる。

同館は5匹を飼育している。12日に飼育員が水槽に浮いている未消化の魚のうろこを見つけた。飼育する前に食べたものとみられ、便が確認できたのは2018年4月以来。

担当学芸員の森滝丈也さん(50)は「今後、排便の中に餌として与えたものを確認できれば、消化に要する時間も分かり、生態解明の手掛かりになる」と話した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン