京セラ、3000のアメーバ データ共有で脱・単品売り

2020/5/27 11:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京セラが事業のデジタル化を進め、中核となる経営理念の「アメーバ経営」を新しい姿に生まれ変わらせようとしている。事業部ごとにバラバラだった顧客情報や受注情報などのデータベースを共通化。採算管理にたけた小集団が横断的にデータを活用し、新たなビジネスを創出できるようにする。幅広い事業領域を有機的につなぐ経営モデルをつくる考えだ。

■デジタル投資、5年で500億円

京セラは通常の設備投資とは別に、年間10…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]