/

この記事は会員限定です

2次補正予算案、「真水」1次補正超え 実効性焦点

[有料会員限定]

政府は27日の臨時閣議で2020年度第2次補正予算案を決定する。「真水」と呼ばれる歳出規模は4月に成立した第1次補正予算の約25兆円を超える。新型コロナウイルスの感染拡大が長期化した場合に備え、企業や医療体制を支援する。どこまで迅速に執行できるか実効性も問われる。

2次補正は事業規模ベースで100兆円超になる見通し。この額は民間資金も含めた数字のため大きく見えやすい。「真水」は政府が直接資金を拠出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り416文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン