/

東芝、物流子会社東芝ロジをSBSに売却 200億円で

東芝は26日、傘下の物流子会社、東芝ロジスティクスの株式66.6%を物流サービスのSBSホールディングス(HD)に約200億円で譲渡すると発表した。経営再建に向け子会社を整理し、効率化する。10月1日に譲渡を終える予定。SBSHDは2021年1月から東芝ロジを連結対象にする。取り扱い貨物の幅を広げて国際輸送の強化につなげたい構えだ。

東芝は米国の原子力発電事業の巨額損失などにより経営危機に陥り、経営再建を進めている。18年に策定した19~23年度の中期経営計画では、収益改善などのために国内外の子会社25%削減を掲げ、策定時は約360社あった子会社は約300社まで減った。

株式売却により、東芝ロジの子会社を含めると計16社が新たに連結対象から外れる。26日に取材に応じた東芝の車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)は「東芝のポートフォリオ再構築を大きく進展させられ、資金は成長のための投資に充てる」と強調。東芝ロジの残り33.4%の株式は引き続き東芝が保有する。

東芝ロジは大型の精密機器の輸送に強みをもつ。SBSHDの鎌田正彦社長は「事業を多様化することで多くの顧客の要望に応えたい」と指摘。SBSHDの20年12月期の売上高は前期比4%増の2650億円を見込む。東芝ロジの買収で合計売上高は約3800億円になり、SBSHDによると陸運倉庫業界で10位の規模になるという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン