/

この記事は会員限定です

緊急事態宣言、効果乏しい? 自粛要請で感染者急減

[有料会員限定]

25日に全国的に解除された新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言について、政府が公表した資料などから関東地方では新規感染者の減少を促す効果は乏しかったとの見方が出ている。宣言前に東京都が要請した行動自粛で感染者数はすでに減少に転じていた。一方、近畿地方や北海道では一定の効果があったとみられる。今後懸念される感染が再拡大する「第2波」では、迅速な緊急事態宣言が必要だといえそうだ。

政府の専門家会議...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1443文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン