/

この記事は会員限定です

みずほ「発行済み株数日本一」返上 10月に株式併合

(更新) [有料会員限定]

みずほフィナンシャルグループが10月に普通株式10株を1株に併合する計画だ。市場に出回る253億株は25億株まで減り、「国内で最も発行済み株式数が多い上場企業」の座を返上する。議決権を失う投資家がみずほを離れれば、株主数で日本一の座からも降りることになるかもしれない。

3メガバンクは金融危機の2008年から10年にかけ、資本増強を目的に公募増資を繰り返してきた。三菱UFJフィナンシャル・グループでも株式数が135億株にのぼり、トヨタ自動車ソニーの10億~30億株程度とはケタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り712文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン