/

この記事は会員限定です

アビガン、承認なお時間 崩れた楽観シナリオ

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」の厚生労働省による承認が6月以降に先送りになった。安倍晋三首相は「5月中に承認をめざす」と表明していたが、現時点でまだ有効性が確認できておらず、治験や研究が続く。

「臨床研究の中間解析で極めて高い有効性が示されれば薬事承認という流れも想定していた」。加藤勝信厚労相は26日の閣議後の記者会見でこう述べた。

臨床研究は藤田医科大学などが3月か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り672文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン