オリパラ考

フォローする

ファンの「投げ銭」収益源に コロナ危機後のスポーツ
編集委員 北川和徳

2020/5/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サッカーJ1の鹿島が先日、実験的なイベントを開催した。過去の名勝負をNHKのBS1などで放送したのに合わせて小笠原満男氏らチームOBがリモートでトークショーを開催。それをオンライン上でライブ配信してサポーターから募金を受けつけたのだ。

画面の「サポートする」をクリックして1口500円から金額を指定、クレジットカードで決済する。何口でも可能。放送された試合での好プレーやそれに対する絶妙のコメントな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする

 新型コロナウイルスはアスリートを支える国内競技団体(NF)の財政も直撃している。企業収益が悪化してスポンサーの撤退や協賛金の減収は避けられない。大会やイベントなどの開催は不可、たとえ開催しても無観客 …続き (8/12)

今季初レースで100メートル10秒04の好記録を出した桐生(中)=共同


 新型コロナウイルスの感染拡大は続いているが、1年後の東京五輪・パラリンピックを目指してアスリートたちは活動を再開している。陸上男子短距離の桐生祥秀(24、日本生命)は1日に今季初レースに臨み、100 …続き (8/5)

病からの復帰を目指す池江選手の言葉だからこそ、耳を傾けた人は多いが……


 1年延期となった東京五輪・パラリンピック開催への厳しい意見が目立っている。新型コロナウイルスの感染拡大が続く状況では無理もないが、各メディアの世論調査などでは「中止」「再び延期」を合わせるとほぼ50 …続き (7/29)

ハイライト・スポーツ

[PR]