時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,941,692億円
  • 東証2部 69,040億円
  • ジャスダック 91,927億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.18倍 --
株価収益率18.72倍20.17倍
株式益回り5.33%4.95%
配当利回り2.07% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,438.65 -176.04
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,370 -170

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

消費は大丈夫か [映像あり]

日本経済新聞 鈴木亮編集委員

2020年7月8日

小泉環境相、「チャレンジゼロ」の経団連と意見交換 [映像あり]

NY金約9年ぶり高値 感染拡大を懸念

2020年7月8日

[PR]

スクランブル

フォローする

「解除相場」の主役は短期マネー 目立つ売り方の買い戻し
証券部 三田敬大

2020/5/26 21:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府の緊急事態宣言の全面解除を受け、26日の東京株式市場はほぼ全面高となった。この日の「解除相場」をけん引したのは、売りポジションを買い戻す短期マネー。経済活動が正常化に近づいてきても企業業績への不透明感は依然として根強いまま。買いの主体が短期筋にとどまるなら、株高の持続性は不確かなものになる。

日経平均株価は前日比529円高の2万1271円と、約2カ月半ぶりの高水準になった。東証1部の売買代金…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム