ジンズ、テレワーク向け販促強化 5月末までテレビCM

2020/5/26 19:18
保存
共有
印刷
その他

眼鏡店を展開するジンズホールディングス(HD)はテレワークを実施する人向けの販促策を強化する。キャンペーンを周知するテレビCMを5月末まで全国で放映する。新型コロナウイルスの感染拡大を受けたテレワークの広がりで販促策が好調なため、さらなる販売拡大を目指す。

テレビCMではイラストレーターの海道建太氏のイラストで「巣ごもり」の日常風景を表現した

パソコン画面が発するブルーライトをカットするレンズを装着する場合、通常は5500円のレンズ代を無料にする販促策をオンラインショップ限定で4月9日に開始した。当初は先着順の人数限定だったが、開始から1週間で対象レンズを装着する受注件数が前年同期比で20倍以上になったという。

このため、販促策を人数限定ではなく7月末までの期間限定に切り替え、テレビCMでさらに認知度を高めることにした。イラストレターの海道建太氏を起用したアニメーションのスポットCMを作成。23日から5月末までの予定で全国で放映している。

ジンズは、ブルーライトをカットするレンズを装着した「JINS SCREEN(ジンズスクリーン)」(当初の名称は「ジンズPC」)を2011年に発売。20年1月末までの累計販売本数は1100万本を突破している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]