/

4月の求人広告件数37%減 全求協調べ

人材サービス会社でつくる全国求人情報協会(全求協、東京・千代田)が発表した4月の求人広告掲載件数(週平均・職種別合計)は99万4124件となり、前年同月に比べ37.4%減った。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で3月の同5.6%減からさらに落ち込んだ。

職種別では、最も掲載件数が多い「販売」で30.2%減、飲食店のスタッフなどの「サービス」が42.8%減、「運搬・清掃・包装」が40%減となった。3月は前年比でプラスとなった職種もあったが、4月はすべての職種がマイナスだった。

雇用形態別でみると、件数全体の7割を占めるアルバイト・パートが38.8%減、契約社員が39.3%減となった。同2割の正社員は33.9%減で、非正規雇用のマイナスが目立つ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン