/

この記事は会員限定です

安全保障のニューノーマル サイバー能力の向上急げ

客員論説委員 土屋 大洋

[有料会員限定]

サイバーセキュリティーを含む新たな安全保障の分野で、中国はかねて心理戦・法律戦・宣伝戦という「三戦」を重視してきた。相手国民や敵軍の心理を混乱させたり、国際的な議論の場で法的な解釈を有利なものにしたり、あるいは自国の立場を広く伝えたりすることを狙ったものだ。

通常兵器や核兵器の誇示による抑止では、新しい状況には対応できないと判断したのだろう。ニューヨークのタイムズスクエアにあるスクリーンに中国国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1380文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン