/

神奈川県、城山ダムの洪水調節機能など強化

神奈川県は26日、2019年の台風19号の大雨で緊急放流を実施した城山ダム(相模原市)について、洪水調節機能を強化すると発表した。ダムから放流する水量の限度を、従来より13%多い毎秒3400立方メートルに引き上げるほか、従来よりも早く放流量を増やしていく。台風シーズンの9月までに運用開始する予定だ。

緊急放流に関する流域市町への情報伝達方法では、電話連絡に加えて企業向けチャットサービス「LINE WORKS(ライン・ワークス)」を活用する。流域市町はスマホやパソコンで迅速に緊急放流の情報を確認できるようになる。既読機能もあり、相手が読んだか確認できる。

台風19号のときは電話連絡で対応していたが、情報伝達が遅れて住民の避難に混乱が生じていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン