/

「7つの行動変革を」北海道知事が経済界に呼びかけ

ウェブ会議で経済団体のトップらと会談した鈴木知事(左)(26日、札幌市)

北海道の鈴木直道知事は26日、北海道経済連合会の真弓明彦会長など道内経済団体のトップや市町村会長らとウェブ会議形式で会談した。鈴木知事は新型コロナウイルス感染の終息を目指し、人との接触機会を減らすなど新しい行動様式の「新北海道スタイル」を徹底するよう呼びかけた。

鈴木知事は緊急事態宣言が全国で解除されたのに触れ「(再び)流行の波が来るのを念頭に置きつつ、従来の行動スタイルを変えてほしい」と述べた。道内では依然感染者が発生しており(1)テレワークなどを通じて人との接触機会を減らす(2)店舗などの感染症対策の可視化――など7つの取り組みを紹介。各団体に企業への呼びかけを促した。

道経連の真弓会長は「ビジネススタイルの変革をオール北海道でして終息に向かわせる必要がある」として、企業に積極的に呼びかける考えを示した。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン