/

金沢の福光屋、米麹の清涼飲料水を発売

酒造会社の福光屋(金沢市)は27日、米麹(こうじ)と水、レモンだけでつくった清涼飲料水を発売する。アミノ酸やクエン酸などを含み、甘さを抑えたすっきりとした味わいが特徴という。水分補給用の飲料として売りだす。

原料は米麹と水とレモンだけ

「糀(こうじ)美水」の原料となる米麹は、酸味のもととなるクエン酸を多く含んでいる。独自の発酵技術で甘みを抑えながら米麹の栄養成分を引き出した。レモンの香りとほどよい酸味が感じられるよう仕上げた。保存料や香料などの添加物は使っていない。

価格は350ミリリットルで税別180円。同社の直営店やオンラインショップのほか、スーパーなどで販売する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン