二輪車販売、つかの間の復調 コロナ影響で不透明感

2020/5/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内の二輪車販売が堅調だ。2019年度の国内出荷台数は33万1千台と前年比で1%減ったが、3月は7%増の3万6800台で同月としては3年ぶりに前年を超えた。19年10月の消費増税後から四輪車販売が落ち込む一方、二輪車は個人需要を中心に復調した形。新型コロナウイルスの感染予防で公共交通機関を避ける動きも追い風となる。ただ外出自粛の影響が大きくなると、一時的な持ち直しとなる可能性もある。

日本自動車…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]