スズキ、コロナとインドで二重苦 100年目の試練

リーマン10年
2020/5/26 17:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スズキが2つの危機に直面している。26日に発表した2020年3月期の連結業績は3期ぶりの減収に転じた。主力のインド市場が金融機関の貸し渋りなどで低迷し、回復が間に合わなかった。新型コロナウイルスの感染拡大も重なり、日本やインドで新車の販売減は深刻になっている。創業100年を迎えたスズキは新たな試練を迎えている。

「日本は完成検査の不正問題、インドは市場の回復の遅れがあり、期末にはコロナの影響があ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]