三菱製紙、木材パルプ製の仕切り板 事務所向けに販売

2020/5/26 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三菱製紙は木材パルプなどを使った机の仕切り板の販売を始める。新型コロナウイルスを受けた緊急事態宣言を政府が解除したことでオフィスに出社する社員が増え、感染防止のための需要が見込めると判断した。1個あたりの価格は4千~5千円程度。アクリル製の一般的な仕切り板に比べて最も安いものは半額ほどだ。軽くて組み立てやすく、事務所など向けに国内でまず1万個を販売する。

アクリルを使った板に比べて手ごろな価格に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]