賃料減額や金券支給 中部空港や商店街がテナント支援

2020/5/26 17:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大による営業自粛で経営が悪化する飲食店などに対し、賃料負担を軽減する動きが広がっている。中部国際空港など不動産のオーナーが賃料を引き下げたり、商店街の地権者らが金券を発行したりと支援の形は多彩だ。貸主にとってはテナントが撤退すれば機会損失や費用増につながるが、一等地では減免に応じない家主もいるようだ。

名古屋市が全額出資し、名古屋駅の地下街「メイチカ」などを運営する名古…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日経クロストレンド