KAICO、新型コロナ抗体検査キット開発 量産へ資金調達

2020/5/26 15:55
保存
共有
印刷
その他

九州大学発スタートアップのKAICO(カイコ、福岡市)は、九州大学と共同で、新型コロナウイルスの抗体検査キットとワクチン候補となるたんぱく質の開発に成功したと発表した。ワクチンのもととなる特定のたんぱく質を蚕に注入し、増殖させて精製する技術を活用した。今後、製薬会社など協力企業と共に、量産体制の確立を目指す。

このほど、ふくおかフィナンシャルグループ傘下のFFGベンチャービジネスパートナーズ(同市)や東京センチュリーなど4社を引受先とする第三者割当増資を実施し、総額2.6億円を調達した。資金は医薬品開発のための設備投資に充てる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]