黒川氏退職金「5900万円」 自己都合で減額と法相説明

2020/5/26 13:30
保存
共有
印刷
その他

森雅子法相は26日の衆院法務委員会で、賭けマージャン問題を受け辞職した黒川弘務前東京高検検事長の退職は「自己都合退職」になると説明した。退職金は勤続年数や役職などを勘案した「一般論」として約5900万円になると明らかにした。定年退職した場合よりも約800万円減額されるという。

野党共同会派で無所属の階猛氏への答弁。

菅義偉官房長官は26日の記者会見で「訓告処分に付された行為により定年退職ではなく自己都合退職となり、退職手当は少なくなった」と指摘した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]