/

GMO、「週1~3日在宅」を制度化

GMOインターネットグループは今後の社員の働き方について、週1~3日の在宅勤務を義務づけると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い1月下旬から原則在宅勤務に移行していたが、在宅でも業務上の支障が少なく企業の成長も可能と判断し、制度として取り入れた。

新たな働き方「テレワーク制度」を、6月上旬からグループ各社で始める。企業やチームごとに出社日を定めるなどして週1日以上は在宅勤務を継続する。従来は毎日出社する必要があった。働き方の変更に伴い、社員の座席を固定しないフリーアドレス制を始める。

出社した際も接触の機会を減らすため、社員の「行動様式」を定めたガイドラインも設けた。会社にいる時は常時マスクを着用。会議の際は向かい合う位置を避け、デスクも1席ごとに間隔を空ける。エレベーターでは一度に乗る人数に上限を設け、オフィスには体温を測るサーモグラフィーや空気清浄機を常設する。

GMOは新型コロナの国内感染者が出始めた1月27日、いち早く全社で在宅勤務に移行した。4カ月弱の在宅勤務で、業務に大きな支障はなかったものの、社員からは「営業職は対面でのコミュニケーションが必要」「社員同士でも対面の会話が役立つ」といった声があがったという。(伴正春)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン