/

この記事は会員限定です

「コロナ時代、地方こそ利点」移住決断の起業家に聞く

[有料会員限定]

新型コロナウイルスを契機にスタートアップ企業でオフィス縮小など働き方の見直しが広がる中、トップ自ら地方に拠点を置く動きが出てきた。ソフトウエア開発のフラー(千葉県柏市)の渋谷修太社長は6月から地元新潟県に移住する。リモートワークの毎日を過ごし「どこに住んでも仕事に支障がない」と感じたからだ。コロナ禍で急速に進むデジタル化を追い風に、東京一極集中で生まれた地域格差の是正にも取り組む。渋谷氏に狙いを聞...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2015文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン