/

この記事は会員限定です

バスの混雑、瞬時に把握 国交省がアプリ開発

[有料会員限定]

国土交通省は夏にも、バスなど公共交通機関の混雑状況をリアルタイムで把握できるアプリを開発する。車内の映像や車両の重量などから乗車人数を集計し、利用者がスマートフォンなどで混み具合を調べられるようにする。混雑緩和で新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ狙いだ。集めたデータは人工知能(AI)で分析し、効率的なダイヤ編成にもつなげる。

国交省はまずバス事業者と開発を進める。バスは無料パスを使う人も多く、正確...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り429文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン