緊急事態宣言の全面解除 有識者の見方

2020/5/26 2:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

飯尾潤・政策研究大学院大教授「協力型政治に転換を」

緊急事態宣言を解除しても危機が去ったわけではない。政権への信頼はずいぶん失われた。政局が動くと空白が生まれる。その時に感染の再拡大が来れば目も当てられない。安倍晋三首相が態度を変え、対立型ではなく協力型の政治に転換する必要がある。

3、4月はゆとりもなく、場当たり的な政策になった。今後の経済政策はじっくり考える必要がある。新しい社会・経済の仕組…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]