老後の家計は総力戦 「見えない不安」に立ち向かう
人生100年の羅針盤

人生100年の羅針盤
コラム
2020/5/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

いま60歳の人のうち4人に1人は95歳まで、9%は100歳まで生きる。すでに「人生100年時代」は現実だ。年金収入だけで支出を賄えるか、医療や介護にどのぐらいお金がかかるのか、手元の老後資金が枯渇してしまわないか――。シニア世代にとってお金の悩みは尽きることがない。でも、過度に不安視する必要はない。健康なうちは働いて収入を得たり、年金、医療、介護などの社会保障制度をうまく活用したりすることで解決…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]