4月の大阪主要ホテル稼働率8.6% 本社調べ

2020/5/25 20:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社がまとめた大阪市内主要13ホテルの2020年4月の平均客室稼働率は1割を下回り、8.6%(休業したホテルは0%で集計)だった。前年同月比で83.1ポイント低下し、3月に続いて過去最低を更新した。新型コロナウイルスの感染拡大で不要不急の外出を控える動きが広まり、国内外からのレジャー客が激減。稼働率の低下の要因となった。

帝国ホテル大阪は前年同月比85.9ポイント減の5.7%。ホテルニ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]