/

兵庫県、休業要請を6月1日に解除へ

兵庫県の井戸敏三知事は25日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大防止のための民間への休業要請を、6月1日に解除する方針を明らかにした。26日に開催する県の対策本部会議で正式に決定する予定。

兵庫県は4月7日に政府の緊急事態宣言が発令されたのを受け、同15日に休業要請を始めた。5月16日と23日に一部を解除したが、ナイトクラブ、バー、ライブハウス、カラオケボックス、スポーツジムなどの業種には31日まで休業要請を継続していた。

井戸知事は「全国で緊急事態宣言が解除される状況では、休業要請をそのままの形で続けるのは難しい」と述べた。

休業要請は解除したうえで、一部の業種には開業後も営業時間の制限を設けたり、3密(密集、密接、密閉)対策が進まない業種には特別な要請をしたりすることを検討すると説明した。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン