/

原爆の惨状、世界に発信 長崎の大学生オンラインで

核兵器廃絶を学ぶ長崎県の大学生グループ「ナガサキ・ユース代表団」が24日夜、広島と長崎の原爆の甚大な被害に関し、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使って英語で説明し「原爆の歴史や問題について知り、考え続けることが大切だ」と訴えた。25日にはズームによる記者会見で「同世代の若者に伝えられて良かった」と報告した。

「Zoom」で記者会見する長崎県の大学生グループ「ナガサキ・ユース代表団」のメンバー(25日午前)=共同

代表団は長崎大と長崎県立大の男女7人で構成。米ニューヨークで4~5月に予定されていた核拡散防止条約(NPT)再検討会議のイベントで発表する計画だったが、新型コロナウイルス禍の影響で会議が延期されたため、オンラインで発信した。

24日は国内外の参加者80人に対し、原爆投下から75年となる被爆地、長崎の大学生として「原爆の問題からは逃れられない。誰もが次の行動に責任がある」と強調した。

新型コロナと核兵器は人類全員が脅威にさらされ、個人の意思では制御できないといった点が共通していると指摘。ウイルスに対する危機感を、核兵器にも持ってほしいと訴えた。

25日の記者会見では「長い期間かけて準備したものを発表できて達成感がある。現状に満足せず、さらに多くの人に伝えたい」と話した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン