/

この記事は会員限定です

「逆転」が示す新秩序 息吹き返す個別株投資

証券部 大西康平

[有料会員限定]

日本株市場で時価総額の意外な逆転現象が相次いでいる。25日に緊急事態宣言の解除が決まったものの、新型コロナウイルスによって変化した行動様式はこのまま根付くとの見方が背景にある。特に「3密」を避けられるか否かで明暗が分かれるケースが目立つ。「新常態」の到来は、個別銘柄で勝負する投資家の目利き力も問われることになる。

25日の日経平均株価は353円高と2週間ぶりの上げ幅となった。もっとも、東証1部の売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1099文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン