製紙大手、喜べぬ好業績 コロナなどで需要減の憂鬱

2020/5/25 18:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響で多くの企業の収益が悪化しているが、製紙各社は好業績が際立つ。大手6社の2020年3月期の連結純損益は4社が増益となり、1社が黒字転換した。製品価格の引き上げやコスト削減が寄与した。しかし足元では在宅勤務で紙需要の減少が加速する。日用品などの特需も一時的にとどまる見通し。先行きは不透明感が増している。

■日用品に「特需」

6社の中で特に好調だったのが、家庭紙の「エリエール」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]