/

この記事は会員限定です

人事に映るWTOの落日 後任選びに米中欧の思惑

編集委員 太田泰彦

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの危機で絶好の辞任の機会が訪れた……。5月14日に辞意を表明した世界貿易機関(WTO)のロベルト・アゼベド事務局長(62)は、心中ほっとしていたに違いない。ビデオでの会見では、心なしか口元に笑みが見えた。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

WTOは自由貿易の番人ともいわれてきた国際機関。同氏は任期を全うできず、8月末にトップの座から降りる。

「重責を投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1381文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン