コロナ感染者の急増「想定以上」 最前線医師が語る教訓

2020/5/25 17:48 (2020/5/26 6:20更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスを巡り、最前線で患者の治療に当たった東京都立駒込病院の今村顕史感染症科部長が25日までに、日本経済新聞の取材に応じた。感染者の増加速度は「想定以上」とし、第2波、第3波に備えて早期に警戒態勢に入るべきだと指摘。高齢者施設などでのクラスター(小規模な感染者集団)の発生予防にも取り組むべきだと警鐘を鳴らした。

同病院は1月以降、感染者らの治療に当たってきた感染症指定医療機関の一つ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]