/

パナソニック、新型コロナ対策で知財を無償開放

パナソニックは25日、新型コロナウイルス感染症の対策向けに特許などの知的財産を無償で開放すると発表した。同社が保有する特許権や実用新案権、意匠権などが対象で、殺菌や除菌、検査などの技術が関連するとみられる。国内各社が知財開放によるコロナ対策支援を掲げており、パナソニックも賛同して知財の権利行使を一定期間行わないこととした。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン