Jパワー、再生エネまとめる「仮想発電所」を拡充

2020/5/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

発電事業者のJパワーは、点在する電力設備を一括で制御する「仮想発電所(VPP)」事業を拡充する。2021年に蓄電池を制御する施設数を約2倍に増やし、電力の需給調整の柔軟性を高める。主力とする石炭火力発電に脱炭素の観点から逆風が吹く中、VPP事業を主力事業に育てることで収益源の多様化を図る。

VPPは各地の再生可能エネルギー発電所や蓄電池、電気自動車(EV)などをネットワークで制御し、大型発電所の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]