/

この記事は会員限定です

カシミールのダム建設 中印の溝深く

Nikkei Asian Reviewから

[有料会員限定]

【カラチ(パキスタン)=アドナン・アーミル】インドとパキスタンが領有権を争うカシミール地方の大型開発プロジェクトが、関係各国の溝を深めている。中国とパキスタンの合弁会社が同地域でダム建設を進めることになり、インドは強く非難する。だが広域経済圏構想「一帯一路」を推進する中国はインドの反発を受け流し、パキスタンと経済関係を強める。

中国の国有企業、中国電力建設とパキスタン陸軍の下部組織による合弁会社は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り681文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン