/

この記事は会員限定です

「美しい土木」がつくる持続可能な風景

NIKKEI The STYLE

[有料会員限定]

水害や震災など自然災害が相次ぐ日本で、しなやかで美しい「土木」が広がっている。土木工事といえばコンクリートで自然に立ち向かう強靭(きょうじん)な姿を思い浮かべるが、そうではない。自然の力に逆らわず、その土地の環境と生活に気を配る。綻びを繕うように手を入れた自然は、完成から何年もかけて育ち続ける。持続可能な風景が各地に誕生している。

防災・復旧 自然に逆らわず

本州最北の下北半島の北の果て。津軽海峡の向こうに、北海道の山並みが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経独自の視点で、ファッション、グルメ、アート、カルチャー、旅など上質感のあるテーマをカバー。写真を大胆に使った美しいビジュアルで、読者の知的好奇心を刺激します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン