/

この記事は会員限定です

株主提案、アマゾンなど米ネット大手揺らす ESG重視

[有料会員限定]

【シリコンバレー=白石武志】アマゾン・ドット・コムなど米ネット大手が5月下旬から相次いで株主総会を開く。今年も各社のガバナンス(企業統治)改革などを求める株主提案が数多く出された。投資家の間ではESG(環境・社会・企業統治)を重視し、提案に賛成する動きが広がる。多くの議決権を握る各社の創業経営者らも、「物言う株主」の声に耳を傾けざるを得なくなっている。

アマゾンが27日に開く株主総会には過去最多だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り974文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン