中興化成、半導体装置部材 生産2倍に 10億円投じ5G需要

2020/5/25 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

フッ素樹脂加工メーカーの中興化成工業(東京・港)は、約10億円を投じ、半導体製造装置で使うシリコンウエハー洗浄槽や洗浄液用チューブの生産能力を2倍に高める。松浦工場(長崎県松浦市)で生産設備を増強するほか、2021年に宇都宮工場(栃木県鹿沼市)でラインを新設する。次世代通信規格「5G」の商用化で、半導体装置需要の拡大を見込む。

松浦工場では、洗浄槽の生産ラインを2倍に拡張する。洗浄槽はフッ素樹脂…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]