亀田製菓、タイでシンハーと合弁会社 輸出向け米菓製造

サービス・食品
新潟
信越
2020/5/25 9:47
保存
共有
印刷
その他

亀田製菓は25日、タイに合弁会社を設立すると発表した。現地のビール最大手「シンハービール」で知られるシンハー・コーポレーションと組み、タイから海外に輸出する米菓の製造・販売を担う。人口減少などで日本国内の米菓市場が頭打ちとなるなか、海外市場の需要を開拓する。

合弁会社には50%ずつ出資する。既に合弁契約を結んでおり、6月中にも「シンハー カメダ タイランド」を設立する。シンハーの現地工場を活用し、あられやおせんべいなどの米菓を生産。欧米などに輸出する。OEM(相手先ブランドによる生産)拠点としても利用する。

亀田製菓は1993年にタイに進出し、現地にある連結子会社の米菓工場を持つ。ただ、工場設備は老朽化が進んでいる。2020年中をめどに合弁会社に生産機能を全面移管し、生産能力と効率を高める。

亀田製菓は中国やカンボジア、ベトナムなどに拠点を設け、米菓の海外販売を強化している。19年にはインド工場が稼働し、現地版の「柿の種」の販売を始めた。24年3月期の海外売上比率を、20年3月期比3.6ポイント増の30%に増やすことを目指している。タイの合弁会社を通じ、海外市場の開拓を加速する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]