「会社は君と変えていく」富士通と連合トップの決意
コロナ時代の「働く」(4)

コロナ時代の「働く」
2020/5/24 2:03 (2020/5/28 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

これまで変えようとしてもなかなか変わらなかった日本の雇用慣行。だが、新型コロナウイルスの感染拡大は働き手の意識だけでなく、保守的な社会構造にも変化をもたらしつつある。若者にとって魅力的な組織に変わろうと奮闘してきた伝統的な日本企業と労働組合のトップに「withコロナ」の展望を聞いた。

■富士通の時田社長「ギャップ埋める」

 富士通の時田隆仁社長は2019年6月の就任以降、「職責で賃金を決める『ジョブ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]