米、ブラジル滞在者の入国禁止 コロナ感染対策で

トランプ政権
新型コロナ
北米
中南米
2020/5/25 6:55
保存
共有
印刷
その他

ブラジルは一大感染地となっている(24日、ブラジリアの空港)=ロイター

ブラジルは一大感染地となっている(24日、ブラジリアの空港)=ロイター

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米政権は24日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、ブラジルに過去14日間以内に滞在した外国人の入国を禁止すると発表した。29日以降の到着便から適用する。同国の感染者が急増しており、一大感染地となっているため。米国は中国やイラン、欧州の滞在者に同様の措置をとっており、対象国・地域を広げる。

米ジョンズ・ホプキンス大によると、ブラジルの感染者は約35万人と米国に次いで2番目に多い。南半球が冬に向かう中、同国やチリ、ペルーなど中南米の感染者が増えている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]