/

この記事は会員限定です

あえて選ぶ大企業 望むのは安定と「フェアな評価」

コロナ時代の「働く」(3)

(更新) [有料会員限定]

生体データを読み取り、人の内面を理解したり、高度な技術を継承したりすることは可能なんじゃないか――。北海道大学大学院の修士課程に在籍する赤松祐亮さん(23)にはそんな夢がある。

生体データを解析する研究で国内学会で4本、国際学会で5本の論文が次々と採択された。博士課程に進むという道も選ぶことができた。だが、赤松さんは違う決断をした。「研究室で論文を書くだけではなく、広く社会に役立つ技術・サービスを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1854文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

コロナ時代の「働く」

新型コロナウイルスは私たちの社会生活を一変させた。外出自粛、在宅勤務の拡大という形式上の変化だけではない。生活するために仕事を持つという固定観念を崩し、「働く」とは何かという根源的な問いを突きつける。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン